2007年10月28日

ダイエットマシーンを使えば

糖尿病とは
血液中のブドウ糖の濃さをコントロールするインスリンのはたらきが悪くなり、高血糖の状態が続くこと。

膵臓でインスリンを作り出すβ細胞が破壊され、インスリン分泌がほぼゼロになってしまう1型糖尿病、インスリン分泌が低下しているもののゼロではない2型糖尿病、ほかの病気の影響で発症する「二次性糖尿病」の3つに大別される。日本でほぼ8割以上を占める「2型糖尿病」は、「生活習慣病」のひとつとされている。

糖尿病予防に欠かしてはならないのが運動。
適度な運動は代謝を高め、余分なエネルギーの燃焼に役立つ。
適度な運動は血液循環をよくしたり新陳代謝を高めるばかりでなく、心身のストレス発散にもよい。

どんな運動が適しているのだろうか?



食事をした後は、少しでもカロリーを消費したい。

少しでもたくさんエネルギーを消費したいが、あまりハードな運動はおすすめできない。体を激しく動かす
ブートインキャンプは5分と持ちませんでした(笑)
常識を変えるダイエットマシーンを使えば効果的です。

散歩するより短時間ですごい運動量です。これは簡単で長続き
しそうです。
簡単で長続きするものが一番効果的でいいですね。
posted by ダイエッター at 04:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

糖尿病の症状

糖尿病になるとな尿が多くなる、のどが渇く、お腹がすく、体重が減る、疲れやすい、手足のこむらがえり等の症状が出ます。こんな症状がでていませんか?時には意識障害(糖尿病昏睡)となることも有ります。
その他に体がだるい、生あくび、眼の焦点が合わない、頭痛、考えがまとまらない
おかしな行動、性格の変化、急に腹が立つなどの症状がでる場合もあります。
ひどい場合には意識が無くなる事があります。
糖尿病には軽めの運動が最適です。毎日続けられることが大切です。
高齢者など、膝の関節が痛くて歩けないという人は、水中歩行やエアロバイクなどがよいそうです。
頻度は週に3日〜5日。時間のめやすは30分〜1時間くらいを目安にがんばりましょう。
posted by ダイエッター at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

糖尿病は親からの遺伝なのか

糖尿病は、親からの遺伝や特別な人だけがなる
病気だと思っていませんか?

患者数740万人、予備軍も1630万人と増加の一方。

実はそうではなく、毎日の生活習慣が糖尿病
きっかけになるのです。家から出ればストレス社会 、会社に行けば、これまたストレス。

アフター5には、憂さ晴らしの為に夜の繁華街に、 居酒屋で食べて、飲んで話題と言えば
決まって”上司の悪口”。これで一部のストレスは開放されますが
今度は、食べ過ぎ飲みすぎで、食習慣の変化が問題になってきます。

そして、夜の遅い帰宅で睡眠不足。ストレスが原因で
このような生活習慣の乱れが血糖値の上昇につながります。

効果的に運動をするには、毎度おなじみの深夜番組で、最近全身に振動を与える
ぶるぶるマシーンが宣伝されていますね。
今までの常識を変えるダイエットマシーンで5分間で約10,000歩の運動量!とか
散歩するより短時間ですごい運動量です。これは簡単で長続き
しそうです。
簡単で長続きするものが一番効果的でいいですね。

食事にはぜひ野菜を豊富に取り入れたいものをおすすめします。習慣的に食物繊維を食事に取り入れる工夫をしましょう。
posted by ダイエッター at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

6人に1りが糖尿病

今や6人に1人が糖尿病、急増する糖尿病人口
糖尿病だと疑わられる場合は

・朝食前の空腹時の血糖値が110mg/dl以上の場合 

・食後2時間目の血糖値が140mg/dl以上の場合

・食後2時間目頃の尿糖が陽性の場合

このような場合には、糖尿病の詳しい検査をする必要が有ります。

(健康な人の血糖値は、朝食前で70〜109mg/dlです。)
健康診断で早期発見しましょう。

怖いのは高血糖状態であるのに、インスリンを嫌がって血糖コントロールが悪いまま放置すると、合併症が急速に進んでしまいます。
合併症が起こる前にインスリン治療を開始し血糖のコントロールを良くするとで合併症を予防出来ます。

高血糖を放置せずにインスリンは血糖コントロールを改善しましょう。
合併症の予防はできますが、進んでしまった合併症を治す薬ではありませんので
合併症が進む前に使用を開始しなければなりません。

糖尿病の治療は、患者さんが健康で長生きする事を目標とします。
一時的に血糖が下がっても、長期的にみてその人の健康を害するような事はさけるべきです。
結果は何年後かに、患者さん自身の病状の悪化としてあらわれます。
合併症にならないように気をつけましょう。
posted by ダイエッター at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

糖尿病は無症状

糖尿病は無症状です。あなたの生活習慣は大丈夫ですか?
なぜ現代人が肥満を起こすのでしょうか?
朝食前血糖値126mg/dl以上または、食後血糖値200mg/dl以上のいずれかが、2回以上確認されれば、糖尿病であると診断されます。
糖尿病の診断では血糖値を検査されます。
糖尿病になりやすい素質をもっている人に肥満、アルコール、精神的ストレス、加齢などの誘因が加わって発症します。

低血糖は糖尿病の薬やインスリンの副作用と言われていますが、むしろ薬剤の本来の作用の1つであり
怖いのは高血糖状態であるのに、インスリンを嫌がって血糖コントロールが悪いまま放置すると、合併症が急速に進んでしまいます。
でも、低血糖を怖がって高血糖でいれば、糖尿病の慢性合併症が進みます。

血糖値をうまくコントロールしましょう。
posted by ダイエッター at 00:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。