2007年10月12日

6人に1りが糖尿病

今や6人に1人が糖尿病、急増する糖尿病人口
糖尿病だと疑わられる場合は

・朝食前の空腹時の血糖値が110mg/dl以上の場合 

・食後2時間目の血糖値が140mg/dl以上の場合

・食後2時間目頃の尿糖が陽性の場合

このような場合には、糖尿病の詳しい検査をする必要が有ります。

(健康な人の血糖値は、朝食前で70〜109mg/dlです。)
健康診断で早期発見しましょう。

怖いのは高血糖状態であるのに、インスリンを嫌がって血糖コントロールが悪いまま放置すると、合併症が急速に進んでしまいます。
合併症が起こる前にインスリン治療を開始し血糖のコントロールを良くするとで合併症を予防出来ます。

高血糖を放置せずにインスリンは血糖コントロールを改善しましょう。
合併症の予防はできますが、進んでしまった合併症を治す薬ではありませんので
合併症が進む前に使用を開始しなければなりません。

糖尿病の治療は、患者さんが健康で長生きする事を目標とします。
一時的に血糖が下がっても、長期的にみてその人の健康を害するような事はさけるべきです。
結果は何年後かに、患者さん自身の病状の悪化としてあらわれます。
合併症にならないように気をつけましょう。
posted by ダイエッター at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。